TOP > 立ち読み

二人のオーケストラ奏者が語る
オーケストラでシルキーを使うこれだけの魅力!

記事協賛:株式会社グローバル


◎東京都交響楽団首席トランペット奏者
高橋 敦
◎読売日本交響楽団トランペット奏者
田中敏雄

「音の輪郭がはっきりと出て音は柔らかい。安心して楽に吹ける!」
シルキーのシンフォニックモデル「HDシリーズ」にNewモデルが追加され、オーケストラや吹奏楽でにわかにシルキーの存在感が高まりつつある。


 ―― シルキー・トランペットのシンフォニックモデル「HD」シリーズに、新しくB♭管とC管のニューモデルが追加されました。このニューモデルは、高橋さんと田中さんはじめ日本からの意見もかなり取り入れて開発されたものだそうですね。アメリカで一足先に発売された途端、いきなりブレイクしたとか。
倉林(グローバル担当者)C管が先行し、B♭管が遅れて発売されたんですが、2014年のNAMショー(全米楽器見本市)で大きな反響を呼びまして、シルキーのフェイスブックを見ても「使ってます」という声がたくさん寄せられています。主なところでは、クリーブランド管弦楽団のジャック・スッテ氏、パリ・オペラ座管弦楽団首席のマルク・グージョン氏などがニューHDのB♭管とC管をすでに使っているようですね。
高橋 先に出たC管(C3HD)は、僕らの意見を汲んだグローバルが以前からシルキーに提案していたものが実を結んだもの。
 「日本でテストしてくれ」と試作品が送られて来たとき、僕と田中君とでいろいろ試しました。前のモデルにも増して良くて「これはいけるぞ!」と。その後、田中君が「このC管のようなB♭管をぜひ作って欲しい」と強く要望し、今回新しくB♭管(S23HD/S33HD)が登場しました。これも既存のモデルにも増して素晴らしい仕上がりです。

 ―― どんな意見を出されたのですか?
高橋 シルキーはベルが太いんですね。それがシルキーらしい音を作っている反面、オーケストラで使う僕の個人的な感覚からすると、音色が一つに偏ってしまいがちに思われました。音色的にやや沈みがちになるとか、もう少し輝かしさが欲しいだとか、そんなイメージです。シルキーは好きで僕は高校時代から使って来ましたから、これはあくまでもオーケストラ用途としての話。そこを解決できればさらにオケやアンサンブルで使いやすくなると。
 結論から言うと、そのために新しいベル形状を採用し、重量バランスなどを見直して出来たのがC管の新しいC3で、今回のB♭管にもその成果が生かされています。シルキーは演奏するにはものすごく楽な楽器で、そうした良さが全く損なわれていない上に、さらに音色のバリエーションが増え、アンサンブルでの融合性もアップした。だから、「これ使わないでいつ使うの?」と……。
(続きはこちら

高橋 敦(たかはし・おさむ)
富山県生まれ。洗足学園魚津短大、洗足学園大卒。第65回日本音楽コンクール1位。第13回日本管打楽器コンクール1位。新星日本交響楽団(現、東京フィル)アシスタント首席を経て1999年に東京都交響楽団首席に就任、現在に至る。トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ首席。ジャパン・チェンバー・オーケストラ、東京メトロポリタン・ブラス・クインテット、なぎさブラスゾリステン、トランペットアンサンブル「THE MOST」ほかメンバー。洗足学園音大客員教授、上野学園大客員教授、東京音大講師。
田中敏雄(たなか・としお)
1994年東京音大卒。トランペットを津堅直弘氏に師事。1992年にサンドポイント(米国)音楽祭に参加し、室内楽をH.フィリップス氏、W.マルサリス氏両氏に師事。在学中に関西フィルハーモニー管弦楽団に入団。同団を経て現在、読売日本交響楽団トランペット奏者。トウキョウ・モーツァルトプレイヤーズ、なぎさブラスゾリステン、トランペットアンサンブル「THE MOST」メンバー。上野学園大非常勤講師。

(株)杉原書店

〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-1第2荒川ビル4F

電話:03-5205-3666
FAX:03-5205-3667
E-MAIL:info@pipers.co.jp

※掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は(株)杉原書店と情報提供者に帰属します。

Copyright by Sugihara Shoten, Inc. All rights reserved.