商品コード:
000-380

PIPERS 380号

販売価格(税込):
905
関連カテゴリ:
管楽器専門月刊誌PIPERS
管楽器専門月刊誌PIPERS > 最新号&バックナンバー
● 特集
○レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブル首席トロンボーン
イヴリズ・ジラール
四つの扉を開いたフランス初の女性トロンボーン奏者

フランスの管楽器界では意外にも女性の進出は遅れており、国立パリ高等音楽院を卒業した初の女性トロンボーン奏者はこの人をもって嚆矢とする。女性に対する偏見渦巻くなかで、さまざまな困難に遭いながらも確実に道を開いてきたジラール氏の半生を、次号との2回にわたってご紹介する。


○主要メーカー22社を一挙紹介(前編)
市販トランペット・マウスピース・ガイド
最新トレンドから定番まで…

前号のトロンボーンにつづき、今号と次号でトランペット・マウスピース22社をご紹介する。本誌「金管ヴィンテージの知恵袋」を連載した吉野和孝氏が各メーカーの由来と代表的なモデルの特徴を解説。


○金管五重奏団
Buzz Five
不動のメンバーで16年

東京藝大の室内楽の授業で立ち上げたアンサンブルが、顔ぶれも変わらずに16年間も活動を続け、日本を代表するブラスクインテットの一つに成長した軌跡を追う。


○バイキングの国のビッグなテュービスト!
エリック・ジェルデビック
音域も音量も歌も、すべてがビッグ!

「世の中にはまだまだこんな傑物がいる!」と誰もが驚いたのではないだろうか? 2月14日の「ザ・テューバ・バンド」第10回記念演奏会にゲスト出演した氏は、これが初来日。テューバの限界を一回り大きくしたテクニックに支えられて朗々たる歌を聞かせ、聴衆を魅了した。


○誰にでも出来る良いリードの見分け方
良いリード、悪いリード
リードの内部構造を観察する

箱から出して試し吹きする前に、ほんのわずかの手間でリードの「素性」を判断できる方法を発見! 国際クラリネット協会機関誌に掲載された興味深い記事をご紹介する。


○札幌交響楽団首席オーボエ
金子亜未
国際オーボエコンクール・軽井沢を振り返る

第1回コンクールの辻功さん以来の快挙を成し遂げた金子さんは、昨年7月、札幌交響楽団で首席としてオーケストラ生活をスタートさせたばかり。充分な準備も出来ないまま、オーケストラの仕事の重圧を抱えながらコンクールに臨んだという。


○新連載:竹内明彦の楽器学ノート
楽器学のすすめ
第2回:波の正体

「物理は苦手」という人も、管楽器奏者であればこれだけは知っておきたい……。長年管楽器の設計に携わった著者が、演奏者や修理技術者たちの素朴な疑問をもとに「生きた楽器学」を提供する新シリーズ。


○集中連載・
サクソフォンのヴィブラート
サクソフォン奏者のヴィブラート比較

クラシカル・サクソフォンのヴィブラートの誕生と発展を跡づけ、イベールを始めとするさまざまな曲での演奏例とヴィブラートの訓練法を詳しく分析する。


○Weissさん、加瀬さんの記事を読んで…
オレゴンから日本の皆さんへ
飯森理信

米国オレゴン州のポートランドで教鞭をとるかたわら、さまざまな楽器で演奏活動を行っている飯森さんから本誌の記事について投稿を頂いた。


●トピックス
○金管版「全国上手い者市」
ジャパン・シンフォニー・ブラス・リング


● 連載・コラム・その他
中川英二郎のトロンボーンアルバム/ジャズのルーツは私の原点
DAIROの「白バリ」道中記/旅立ちのとき
平野公崇の多事奏音/即興17
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/2月にあった三つのイベント
ナイディック&大島クラリネット講座/《GRA》二つの異なるキャラクターと「3」
ロジャー・ボボの考えるテューバ/マグダレーナ(続)
クラリネット橋本杏奈
僕のマイスター武者修行/またしても恐怖のTV取材


● PRODUCTS
フルート頭部管「Song」
B&Sテューバ「ペラントーニ・モデル」
AZUMI Flute byアルタス

● CD評
木幡一誠の今月のCD

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です