商品コード:
000-347

PIPERS 347号

販売価格(税込):
817
関連カテゴリ:
管楽器専門月刊誌PIPERS
管楽器専門月刊誌PIPERS > 最新号&バックナンバー
特集ヤマハ豊岡工場のベル製作工程をルポ
Tpのベルを作る「匠の技」
一枚の板を切り取り、叩き出す…

一枚の板を切り取り、手で曲げ、溶接し、ハンマーで叩き出す。ヤマハ豊岡工場(静岡県)にある金管製作工程では今でも最高級ピッコロトランペットYTR-988のベルを熟練の技術者が手で作っている。その貴重な「伝統工法」をこの目で見た!


ベルリンフィル首席トランペット奏者
ガボール・タルケヴィ
「理想の響きを求めれば楽器を変えずにいることは難しい」

T.ヴァレンツァイと並んで二人のハンガリー人が首席を務めるベルリンフィルのトランペットセクション。ドイツのモンケBb管を使う慣わしは今は昔、今では様々なメーカーの楽器が使われるなど「自由化」が著しい。同団で使われている楽器を中心に聞く。


フェイシングの調整でガラリと変わる
あなたのマウスピースねじれてませんか?
Cl&Saxマウスピースの「リフェイシング」後藤将彦さんの世界

クラリネットやサクソフォンのマウスピースのフェイシングや開きは使っていくうちに変化する。あるいは新品でも狂っている場合がある。後藤さんはその調整を引き受ける日本では数少ない一人だ。


やってみれば意外に簡単!
基本・循環呼吸をマスターする
フルート小池郁江さんが指南

「世界一循環呼吸が上手なフルーティスト」(神田寛明氏)と仲間たちから称賛される小池さんに誰でも出来る循環呼吸の練習法を聞いた!


新連載!第1回
ハーセス王国に棲んだ日々
名手ハーセス唯一人の弟子ティモシー・ケントの回想録

シカゴ響金管セクションに君臨した首席トランペット、アドルフ・ハーセス。その人を師と仰ぎ、18年間シカゴ響で演奏の苦楽を共にしたケントが、インサイダーとしての視点からハーセス、シカゴ響金管セクション、そして自らの音楽人生を語り、ハーセスの教えを人々に伝える。


当代一の呼び声高いジャズトロンボーンの名手
ワイクリフ・ゴードンを迎えて
歌える通りに吹けなければ天才とは言えない

リンカーンセンター・ジャズ・オーケストラなどで活躍し、今やニューヨークのジャズシーンには欠かせない当代一の名手が、ヤマハ新トロンボーンを手に来日。お披露目コンサートで圧倒的な演奏を聞かせた氏に、共演した池田さんが迫る。


ピアニストは見た!第2弾
ベルリンフィル・オーディションの舞台裏
トロンボーン・オーディションのインサイドレポート by沢野智子

ベルリンフィルのオーディションで公式ピアニストを務める沢野さんが、ベルリンフィルのトロンボーン・オーディションの模様をインサイドレポート!


金管楽器のアンブシュアを強化する
P.E.T.E.の使い方
アイソメトリックトレーニングの応用

金管楽器奏者のアンブシュアを効率良く強化するツールとして人気を呼んでいるP.E.T.E.。その効果的な使い方を、前号に続いて「喇叭吹奏道 竹浦塾」を主宰する竹浦泰二朗さんが解説する。


モダンフルートでは世界初?
樹脂製フルート「ニューボイス」
ゴウ・フルートのJ.ゴウ氏に聞く

台湾のフルートメーカー、ゴウ・フルートが開発したモダンフルートでは世界初と思われる樹脂製フルート「ニューボイス」。その軽さと使いやすさで世界に広まるこの楽器の開発ストーリー。


トピックスデンマークの世界的テューバ奏者
イェンス・ビョルン・ラーセンのマスタークラスとミニコンサート


連載・コラム中川英二郎のトロンボーンアルバム/ニューサウンズインブラスの録音
DAIROの「白バリ」道中記/昔むかし、あるところに
吉野和孝の金管Vintageの知恵袋/ブッシャー
平野公崇の多事奏音/イオン・マリン
吉井瑞穂のヨーロッパ通信/癒しとポジティブ思考になる作戦
ナイディック&大島クラリネット講座/ブラームスのクラリネットトリオ第3〜4楽章
ロジャー・ボボの考えるテューバ/芸術と収入
スクランブル/吉川武典トロンボーンリサイタル
僕のマイスター武者修行/ウチの会社の一番の売れ筋はコレ!



PRODUCTS世界最小F管テューバ
ヤマハ・トロンボーンYSL-882OR
シルキーBb&Cトランペット「HD」シリーズ



CD評木幡一誠の今月のCD



その他ニューズフラッシュ コンサートガイド 編集子の雑談
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。