TOP > パイパーズ > バックナンバー一覧 > バックナンバー

バックナンバーのご案内

433 / SEPTEMBER

2017年9月号

ベルリンフィル・ホルン奏者サラ・ウィリスをジョナサン・ハミルがインタビュー/ヤマハ独自の技術から生まれた全く新しい管楽器「ヴェノーヴァ」/フルート吉岡次郎:「シュトゥルム・ウント・ドランク」を奏でる/ヤナギサワWOソプラノ誕生:その開発の経緯/アンブシュア対談(2):口輪筋だけに頼っていませんか/トランペット都丸欣一さんを偲ぶ:敗戦後ジャズの分野で華やかに活躍/ フェリックス・クリーザー: 両腕のない障害を乗り越えたホルン奏者/「Slow Practice』のすすめ:クリス・ゲッカーのTp新教本への手引き/R.スチュワートのブラスギャラリー:E♭管コントラバストロンボーン/他

2017年8月20日発売 ¥850(税抜き)

特集

ベルリンフィル・ホルン奏者
サラ・ウィリス
ジョナサン・ハミルがインタビュー!

世界的な人気サイト「Horn Hangout」の主宰者として絶大な人気をもつサラ・ウィリスに、ホルン界のエンターテイナー・ジョナサンが突っ込む!

ヤマハの全く新しい管楽器
“ヴェノーヴァ”の何が凄いか?
開発陣に聞く

リコーダーのような指使いでサクソフォンのような表情豊かな演奏を楽しめる、新開発のカジュアル管楽器を解剖する。

千葉交響楽団フルート奏者
フルート吉岡次郎
「シュトゥルム・ウント・ドランク」を奏でる

「人間の内面の感情を包み隠さずさらけ出す」という意味ではC.P.E.バッハとイサン・ユンには共通するものがある……

ソプラノサックスの新しい高みへ
ヤナギサワWOソプラノ誕生
ヤナギサワ設計陣とアドバイザーに聞く

デリケートかつコントロールの難しいソプラノサクソフォンを劇的に変えるべく、ヤナギサワが真正面から取り組み、生み出した解答とは?

アンブシュア対談
口輪筋だけに頼っていませんか?
クラリネット谷尻忍×サクソフォン宮崎真一

口を寄せる、引っ張るなど、口輪筋近くの筋肉だけが注目されがちな中、それより上の方の筋肉の大切さに早くから気づいていた二人が語り合う。(後編)

クリス・ゲッカーTp新教本への手引き(3)
“Slow Practice”のすすめ
新日本フィル首席Trp服部孝也さんに聞く

「アーバン金管教本」とシュロスバーグの「デイリードリル」へ無理なくアプローチする道を照らし出した話題の教本「Slow Practice」について語る。

新連載!
ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
E♭管コントラバストロンボーン

二人の名手の求めに応じて作ったユニークな2台のE♭管コントラバストロンボーンをご紹介。

敗戦後ジャズの分野で華やかに活躍!
トランペット都丸欣一さんを偲ぶ

敗戦後ジャズの分野で華やかに活躍し、クラシック分野でも多くのプレイヤーを育て上げた都丸さん「語録」。

集中連載(10)
Oboeジョン・マック
我が遍歴を語る

元クリーブランド管弦楽団首席オーボエ、米国Ob界の巨人が赤裸々に語る。

連載:カゲヤマ博士の演奏心理学
練習がはかどらない?

効率のよい練習をするための3段階の「自己規制戦略」をご紹介。

Pipers Archive◎再録記事
ヴィンコ・グロボカール
トロンボーンの最先端を走る

即興演奏家にして優れたコンサート・トロンボニスト、前衛的な作曲家としても著名なグロボカールの1987年のインタビュー記事。

新連載:丸田悠太の
そこが知りたいKOSEIライフ
ツアー5公演のハイライト!

個性豊かな30名のメンバーが織り成すプロのウインドオーケストラの知られざる日常を、赤裸々に綴る。

3回連載第1回
Last Pictureー今ひとたびの宮本大路 by三宅純

トピックス

両腕のない障害を乗り越えて
フェリックス・クリーザー

連載・コラム・その他

中川英二郎のトロンボーンアルバム/メトロノーム・クリック音と新デバイス
平野公崇の多事奏音/バンコク
ミードと暮らす/北アイルランドへソロの旅
ナイディック&大島クラリネット講座/アルバン・ベルク「4つの小品」
ヴィンテージSAXの遊び方/ルブラン「Semi-Rationale」アルトSax
スクランブル/Brass Ensemble ZERO

PRODUCTS

ビュッフェ・クランポン「プロディージュ」
新製品ピックアップ

CD評

木幡一誠の今月のCD

その他

ニューズフラッシュ コンサートガイド 編集子の雑談室