TOP >
10

特集

ミルウォーキー交響楽団首席トロンボーン
神田めぐみ
在米オーケストラ生活20年で築いたもの

アメリカで活躍する数少ない女性トロンボニストというだけでなく、今では内外のトロンボーン奏者たちのアイドル的存在にまでなった神田めぐみさんの現在を聞く。2回にわたるロングインタビュー。

クーパーと英国のフルーティストたちの功績
フルートのスケール
フルーティストが知っておくべき終わりのない考察

スケールとは何だろうか。より正確には、クーパー・スケールとは? スケールに関するこの短い文章には、情報の公開と共有を心から願う気持ちが込められている。(Dr.エルドレッド・スペル)

ヤマハの新テナーバストロンボーン
中川英二郎YSL-823Gを語る
「反応の良さと音の柔らかさを求めたらこうなった」

ジャズからクラシックのコンチェルトまでこなし国内外の第一線で世界の名手たちと共演を重ねる氏が、長年その開発にこだわり遂に完成したヤマハのテナーバストロンボーンは、今までありそうで無かったモデル。

ゆるぎない低音を目指し……
ヤナギサワWOバリトン誕生
設計開発のコンセプト

WOシリーズ待望のバリトンが9月に登場。ゼロベースで徹底的に設計の見直しを施されたWOシリーズでは、さらに響きに芳醇さを増し、音抜けの良さと音程の良さでも特筆されるモデルに仕上がった。

審査員がその音楽性を絶賛
ユーフォニアム:佐藤采香
日本人初、リエクサ国際コンクール優勝!

7月にフィンランドで行われた権威ある国際コンクールでみごと優勝。2015年の日本管打楽器コンクールにも優勝し、ソロやぱんだウインドオーケストラでの活動でも注目を集める佐藤さんに聞く。

フレンチホルンで歌謡曲を吹く!?
「ホルン紅白」のホルン哲学
大野雄太(東京交響楽団首席ホルン)

ホルンの大野雄太と上間善之両氏が紅白歌合戦を模して白組と紅組に分かれ、ホルンで演歌を競演するコンサート。2012年にスタートして以来人気上昇中のこの企画の裏には、ユニークなホルン哲学があった。

アメリカの代表的な金管技術者逝く
追悼:スコット・ラスキー

シルキーの薫陶を受けハーセス、セバリンセンらの協力でマウスピースや楽器を開発。クラフトマンシップと現代のテクノロジーの両者を知る金管技術者を偲ぶ。

集中連載:PART3③
Oboeジョン・マック
我が遍歴を語る

元クリーブランド管弦楽団首席オーボエ、米国Ob界の巨人が赤裸々に語る。PART3の第3回目。

アーカイブ記事
ラリー・コムズ
元シカゴ交響楽団首席クラリネット

1989年にシカゴ・チェンバープレイヤーズで来日した折にインタビューした記事の再録。往年の名手はかつてチャック・マンジョーネのジャズバンドにいたなどのエピソードが語られる。

連載:カゲヤマ博士の演奏心理学
勉強しながら音楽を聴くのはOK?

音楽は私たちのムードに影響する。これは素晴らしいことだ。上機嫌ムードは通常は好ましい。しかし勉強や宿題をしている時はどうだろう?

ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
合衆国初期のBB♭テューバ

アメリカ合衆国で作られた最初期のBB♭テューバと、アメリカのブラスバンドで使われた最も古いと思われるBB♭テューバを考察する。

トピックス

浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルから
「浜松の夏」のオープニングを飾る

連載・コラム・その他

Concert Guideスペシャル/管楽器をフィーチャーした海外オケ演奏会
中川英二郎のトロンボーンアルバム/継続は力なり
新連載:トランペット“管”話休題/PJBEのサウンドが初めて日本で響いたとき
平野公崇の多事奏音/絶体絶命(後編)
ミードと暮らす/スペインで開催されるAETYB
ナイディック&大島クラリネット講座/今月は休載します
ヴィンテージSAXの遊び方/バリトンSAXに見る音域拡大の夢と現実

PRODUCTS

ヤナギサワWOカーヴドソプラノ・サクソフォン
新製品ピックアップ

CD評

木幡一誠の今月のCD

その他

ニューズフラッシュ コンサートガイド 編集子の雑談室

今月のPIPERS



ご注文はこちらから
(株)杉原書店

〒104-0031 東京都中央区京橋2-1-1第2荒川ビル4F

電話:03-5205-3666
FAX:03-5205-3667
E-MAIL:info@pipers.co.jp

※掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。著作権は(株)杉原書店と情報提供者に帰属します。

Copyright by Sugihara Shoten, Inc. All rights reserved.

What's NEW?


2018/9/18:
2018年10月号の情報を掲載しました。


2018/8/20:
最新号(445号)のお詫びと訂正
コンサートガイド欄(P.65)で9月18日(火)に掲載されるべき「B→C守岡未央トランペット」のコンサートが、誤って 前日の9月17日(月)に掲載されてしまいました。正しくは9月18日(火)午後7時から東京オペラシティ リサイタルホールでの開催となります。お詫びとともに訂正致します。


2018/8/17:
2018年9月号の情報を掲載しました。


2018/7/17:
2018年8月号の情報を掲載しました。


2018/6/17:
2018年7月号の情報を掲載しました。


2018/5/19:
2018年6月号の情報を掲載しました。


2018/4/18:
2018年5月号の情報を掲載しました。


2018/3/16:
2018年4月号の情報を掲載しました。


2018/2/13:
2018年3月号の情報を掲載しました。


2018/1/18:
2018年2月号の情報を掲載しました。


2017/12/18:
2018年1月号の情報を掲載しました。


2017/11/17:
2017年12月号の情報を掲載しました。


2017/10/15:
2017年11月号の情報を掲載しました。


2017/9/15:
2017年10月号の情報を掲載しました。


2017/8/16:
2017年9月号の情報を掲載しました。


2017/7/17:
2017年8月号の情報を掲載しました。


2017/6/16:
2017年7月号の情報を掲載しました。


2017/5/17:
2017年6月号の情報を掲載しました。


2017/4/17:
2017年5月号の情報を掲載しました。


2017/3/15:
2017年4月号の情報を掲載しました。


お詫びと訂正:
コンサートガイドのページに誤りがありました。お詫びとともに訂正致します。


2017/1/16:
2017年2月号の情報を掲載しました。


年末年始休業のご案内:
12/28(水) - 1/3(火)は業務をお休みさせていただきます。


2016/12/15:
2017年1月号の情報を掲載しました。


2016/11/15:
2016年12月号の情報を掲載しました。


2016/10/14:
2016年11月号の情報を掲載しました。


2016/9/16:
2016年10月号の情報を掲載しました。


2016/8/15:
2016年9月号の情報を掲載しました。


2016/7/13:
2016年8月号の情報を掲載しました。


2016/6/14:
2016年7月号の情報を掲載しました。


2016/5/16:
2016年6月号の情報を掲載しました。


お詫びと訂正:
P.37に記載の「ヤマハ エレクトリック バイオリン」の記事に誤りがありました。お詫びとともに訂正致します。


2016/4/16:
2016年5月号の情報を掲載しました。



Pick Up!

PIPERS掲載の製品記事が読めます



オンライン販売

NEW!

ヴィンセント・チコヴィッツ
『LONG TONE STUDIES』

クリス・ゲッカー
『スロー・プラクティス』

ボビー・シュー
『トランペット・クリニク』

『職質楽師』夢追い日記
宮本大路著

オーボエとピアノのための
《祈り そして 戯れ》
~光のもとの~

フレキシビリティの強化練習
レイモンド・メイズ著

エリック宮城の
BRASSテクニックガイド

ホルン奏者のための
76プログレッシブ・サウンド・スタディ

「和」の管楽器
打楽器の世界

ピッコロトランペット
特集

大好評発売中!

アーノルド・ジェイコブスは
かく語りき

コルネットの巨人
ハーバート・クラーク自伝

ゲッカー
トランペット教則本シリーズ

ジェイムズ・トンプソン「バズィング・ブック」

J.スタンプ
トランペット教則本

アンサンブル楽譜

中川良平のバスーンアンサンブル作品

保科洋&兼田敏のアンサンブル作品